中古車査定傷

LOSTANDFOUND

車の傷で査定はどのくらい変わるのか。

多くの人が中古車査定のときに気にかけるのが車の表面の傷です。車の表面にあるものですからどうしても気になってしまいますが、実は傷はそれほど大きな減額はされません。業者は必ずある程度の補修は行うので多少の傷の存在はあるものとして査定を行っています。

傷を気にして修理してから査定に出す人もいますが、修理費用を回収できるほど査定額が上がるわけではありません。傷はなくとも修理後や塗り直しがあるだけで査定では減額を受けてしまいます。たとえ熟練した技術者の手による施行でも修理あとは査定士がチェックすればたいてい分かってしまいます。よほどのひどい損傷でもない限りは事前に修理するのはあまりお得だとはいえないのです。

また目立たない細かな傷は査定の減額の対象にはなりません。おおむね1センチ未満の浅い傷であれば問題はないのです。ただし、爪が完全に引っかかってしまうくらいの深い傷の場合は減額されてしまうことがあります。さらにそんな傷があまりに多い場合はパネル交換が必要なので大きく減額されてしまうこともあります。